> 目次 <
-----------------------------------------------------

  CD 英語日記
  メモ 初心者からのPython
  手(パー) その他いろいろ
-----------------------------------------------------

2011年08月29日

ながらリスニング

ここ3, 4週間は筋トレやウォーキングといった運動を意識してやっている。
なぜなら、少し太ってしまったから。180の67なので体重的には理想的ともいえるが、体脂肪率的には普通ギリギリラインで普通とは言い難い状態。確かにわき腹がやばい。

そんなわけで筋トレやらウォーキングのようなジョギングを現在していて、今まさに帰ってきてキーボードを打ってます。背中の汗にクーラーの風が当たって気持ちいい。

で、「ながらリスニング」なんですが、察する人もいるかもしれないですが、運動しながらリスニングをしているわけなんです。教材は私が信頼している森沢さんの「音読パッケージ」。
英語を文章で確認する前に、どんな英語なのか耳で聞いて把握する先行リスニングって過程があり、違う話が8つ40分もあるんです。正直、家で40分も英語を聞くことは私にとって無理。だから、いつも寝てしまう。だったら、運動と組み合わせたらどうだろうってことで「ながらリスニング」をやってみたら、これはなかなかいけるってわけです。

運動面とリスニング面の両方から見ても良いメリットがあります。お薦めです。

最大の利点は動機が2つ、行動力は倍。
「運動すっか!」、「リスニングやるか」ってどちらか思えば、もう一方も必ず行うことになる。
なんかこういう組み合わせの話はビジネス本とかにあった気がしないでもない(笑)

退屈感やら苦痛感がない。英語に飽きたら走るを目的に。走るのに疲れたら英語を目的にして歩いて聞くことに集中。こんな具合に気持ちの切換えができる。

確実に十二分な英語と運動時間を確保できる。
私の場合、1時間のウォーキングコースでリスニングしてます。だから、十分にリスニングの時間をとれる利点があります。英語メインとした場合でも私の場合40分が最低ですから、20-30分以上が必要と言われる有酸素運動を行え、脂肪の燃焼が見込める。

ってなわけで、お薦めします。

ところで、3回目のジョギングである今日、やっと全てのストーリーの内容を大まかに把握できました。それにしても、一番初めの章が一番難しくて、後の方が簡単な作りってどうだろう。昔、一章聞いて、まだ聞きとれんって挫折したことあるのに。簡単なリスニング本を経て戻ってきて、やはり早いと感じたのが1回目だけど、不思議なことに今は特に早いという感じはなくなった。これが進歩ってもんでしょうか?
posted by AZ at 00:59| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222909420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。