> 目次 <
-----------------------------------------------------

  CD 英語日記
  メモ 初心者からのPython
  手(パー) その他いろいろ
-----------------------------------------------------

2011年07月07日

英作はだいぶ慣れてきた。

ここのところ、自分としては論文を書いたり、研究室内のメールは留学生用に英文もつけたりと、かなり英語と接する時間、つまり、アウトプットする時間が多く、英作(と会話)がかなり身についてきたことを実感しています。

ここ一年くらい、「瞬間英作文」で英文法を知識から技術としてトレーニングしたので、それがかなり効いているようです。ただ、文章を書いていると適切な単語はどれかとよく迷うことがあります。例えば、前置詞ならaboutとonです。どちらも「〜について」という意味だけど、後者の方がピンポイントなイメージで論文向きなんですけど、だからって毎回onではなぁ〜、aboutもダメではないし〜という具合です。だから、Google先生に相談するんですけど、回数が多くて結構めんどう。。。

とまぁ、文法が慣れてきたら、より自然な英語ってのが重要だと実感してきました。
先日、研究発表用の資料を作成したのですが、その際、日本語英語で直訳的と注意されてるんです。その変わり、英文法に特にミスはなかったそうですが。この指摘はまさにネイティブの自然さが不足しているのだと考えます。なので、そろそろ多読をやって、この動詞にはこの前置詞とか、この動詞のあとはこの単語とか、とにかく自然な英語を知識として蓄積することも必要だなと考えてるこの頃です。

あ〜、ボキャブラリーを増やしたいついでに、TOEICのビジネス単語も覚えたいけど、リスニングが最優先だったり、多読もしたい。それに、専門分野を研究するために数学とかも勉強しないといけない。
だけど、専門分野の研究こそが最重要なことであって。。。。研究補助のための勉強は適当にしないといけないんだけど、それができないと研究が効率的に進まない。
結局、全部やらないといけないのか。萎えるな。

ホント、欧米人の研究者って羨ましい。専門分野外に数学できりゃ、まあ研究者の基本のスペックになる。
一方、日本人はヒィヒィ言って英語を頑張って、そこから。日本人でよかったと思うことは多いけど、英語に苦労しない人種だったら日本人の性格からして科学技術分野はもっと華やかになるのに。文科省の英語教育には工夫が必要だよ。日本の大臣たちが海外で英語を使っても、英語字幕がつけられるという悲しい噂があるくらいだし。

いかん。なんか、愚痴ってしまった。
posted by AZ at 23:57| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213773450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。